20代、30代、40代!乾燥肌・粉拭き対策のファンデーション!

 

 

私自身20代の頃は、とても肌が乾燥肌でした。なので当時からファンデーションをつける前には粉拭き対策や乾燥肌対策をしないと、化粧崩れが激しかったり、対策なしでファンデーションをつけると、顔が粉拭きになっていまい、顔だけ浮いている感じになってしまうので、とにかくお化粧をする前には色々と自分なりの対策をする様になりました。

 

20代の頃はまだ今の様にネットを使うことがなかったので、美容に関する情報やテレビや雑誌がメインだったり、詳しい美容方法を知りたい時は百貨店の美容カウンターへ行くことが多かったです。

 

当時の乾燥肌や粉拭き対策としては、洗顔に拘ると言う事が流行っていた時代です。

 

私が20代に頃に洗顔はネットを使う方法が流行り出したと共に、洗顔料も敏感肌用や乾燥肌用、または脂症肌用の洗顔フォームなど、肌質に合わせて洗顔料が選べる様になったので、私は当時から敏感肌用か乾燥肌用の洗顔フォームを購入して、あわ立てネットで充分にあわ立てる方法でケアしていました。

 

ファンデーションをつける前は乾燥肌用の洗顔ファームを使って洗顔する事で、肌がもっちりするので、まずは洗顔をしてから下地つくりに入っていました。

 

 

30代のファンデーション

 

時は流れて私が30代に入った頃は、インターネットで美容情報も簡単に集められる時代ともなり、ファンデーション自体にも乾燥肌の人用の物や、粉拭き対策がしにくいと言う事が売りのファンデーションも販売されるようになりました。

 

また当時は乾燥肌の人は断然クリームファンデーションかリキッドファンデーションは良いと言われていて、美容部員の方に相談すると、決まってその二つをお勧めされる事が多かったです。

 

私も乾燥肌を少しでも目立たなくさせることや、ファンデーションをつけた後に粉拭き状態にならない様に、普段からクリームタイプかリキッドタイプを使うことが多かったです。

 

パウダーやお粉を使うよりも、やっぱり私の様な乾燥肌の人にはクリームタイプやリキッドタイプは肌に馴染みますし、メイクを落とすまでは粉拭き状態にはなる事はありませんでした。

 

しかし、クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションにはひとつ難点がありまして、真夏の汗が流れるような季節にはあまり向かないと感じました。
乾燥や粉拭きはしなくて済みますが、時間が経つと肌のベトベト感やよれなどを感じることがありました。

 

またリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは化粧直しがしにくいので、化粧がよれてくると完全に一度メイクを落としてから、もう一度やり直すしかないので、パウダーファンデーションよりも手がかかります。

 

 

40代になってからのファンデーション

 

私が40代に入る頃には乾燥肌の人でも粉拭きをせずに、パウダーファンデーションを楽しめるようになってきました。
それまでの様に、乾燥肌の人はクリームタイプやリキッドタイプのファンデーションしか使えないと言うイメージも大きく変わりました。

 

大きな理由の一つは、下地にあります。

 

数年前から美容界ではオイルブームになりまして、一昔前の様にオイル美容はベタベタすると言う事も変わり、オイルをブースターとして使う人もとても多くなっていますし、洗顔後肌に一番最初につける言わば化粧水扱いで使う人も多いと言われています。

 

私もこの数年間は洗顔後は一番最初の肌に乗せるものとしてオイルを使っています。

 

オイル→化粧水→美容液と3つだけ基礎化粧品として使っていますが、オイルを一番最初に顔に乗せる様になり殆ど肌が乾燥しなくなったので、その後の乳液やクリームはカット出来る様になりました。

 

またオイルを化粧下地に1〜2滴混ぜてから顔全体乗せるので、メイク時は下地だけでもファンデーションをつけたかの様になるのです。
その後にパウダーファンデーションを大きな筆を使って顔全体にささっと乗せるので、薄付きですし、化粧崩れもしませんし、1日乾燥もしません。

 

下地に混ぜ込んでいるオイル1〜2滴が絶大なる乾燥肌防止効果をしてくれているのです。

 

この方法は以前、テレビのメイク術と言うコーナーをやっていて、たまたま見て真似したところ、本当に乾燥も防げて、顔全体がキラキラした潤いも感じる様になったので、それからは私のメイク方法は、下地にオイルを混ぜたものを顔全体につける→大きな筆でパウダーファンデーションをささっとつける。この2工程で済むようになりました。

 

この数年間はこのメイク方法でほぼ落ち着いていましたが、最近はクッションファンデーションという優秀なファンデーションも出てきたので、乾燥肌の人がより水水しいと感じられるメイクが出来るので嬉しい限りです。

 

私がクッションファンデーションを使う時は顔全体にBBクリームを伸ばして、その後パフにクッションファンデを取り、顔全体軽く叩き込むような形でつけていきます
誰でも簡単に技もテクもいらずにキレイにつける事が出来るのでここ最近のお気に入りです。

 

クッションファンデーションは乾燥肌の人には本当に合いますし、長時間経過しても粉拭きがしにくいのでお勧めです。
今後も時代の流れに合わせて上手に自分の乾燥肌と付き合いながら、より良いファンデーションを使用していきたいと思います。

関連ページ

乾燥肌対策に効果的!「ゆっくり保湿」と「サプリメント」で改善!
乾燥肌におすすめの2つの対策「保湿とサプリ」についてお伝えします。カラダの内側と外側から効果的に改善していきましょう。
【体験談】乾燥肌の人の夏のファンデーションの選び方!
乾燥肌におすすめ!夏でも使えるファンデーション選びの体験談を紹介します。ドモホルンリンクル、SK-U、ニベアなどを比較してみました。
これを知っておきたい!乾燥肌の洗顔で気をつけたい7つのポイント!
乾燥肌の洗顔をする時に注意したいポイントをまとめてみました。乾燥から肌を守るためにも正しい洗顔方法・泡の作り方を覚えておきましょう。
知っておきたい乾燥肌の対策!ビタミンを積極的にとると効果的!
ビタミンを摂ると乾燥肌を改善することができます。食事、サプリ、ファンデーションなどを使うと簡単に摂取できますので、試してみてはどうですか?
実際に実践している!乾燥肌に効果的な食事、おすすめのスキンケア!
乾燥肌におすすめの食事とスキンケアを実際に実践している体験談をお伝えします。
紫外線対策を万全に!乾燥肌の人は日焼けしやすいって本当?
乾燥肌の人は日焼けをしやすいって本当なのでしょうか?ここでは、乾燥肌と日焼け(紫外線)の関係についてお伝えします。
出産を機に乾燥肌になり、皮脂欠乏性湿疹が出来てしまった体験談!
皮脂欠乏性湿疹とはどのようなものか?出産を機に発症してしまった体験談をお伝えします。